あなたの生活に役立つ知識を

プログラミング言語の種類 言語によって収入がこんなに違う!

2018/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kaito
コンピューター系のブログを運営しています。企業のことからITのことまでサイトに載せたいことなどがあれば気軽に連絡ください。 Twitterもフォローお願いします。

プログラミングにおいて

「言語選びは超大切」

メインの言語に決めたものによってその後の自分の仕事内容や収入に大きな影響があるのは間違いないといえるでしょう。

  • プログラミングを学びたいけど何の言語から始めればいいかわからない
  • プログラミング言語って種類によってなにが違うの?

こう思っている方は多いのでないでしょうか

特に独学で学ぶ場合や新しい言語に挑戦しようとしたときなど起こりやすいと思います。

そこで今回は主要なプログラミング言語を取り上げ学習難易度からその言語の得意分野まで難しい言葉は使わずに解説していきたいと思います。

言語の選び方ですが自分が作りたい分野に強いもの学習難易度から選んでいくのをお勧めします。

プログラミング言語の種類

紹介言語一覧

  1. Java
  2. C言語
  3. C++
  4. C#
  5. Python
  6. Ruby

日本で幅広く使われているこの6つの言語を1つ1つ取り上げていきたいと思います。

 

Java

 

JavaはGoogleが指定している三大言語の1つになっている言語です。

またコンパイルを必要とする言語でもあります。

コンパイルとはプログラムとして書いたコードをコンピューターが読める形に変換する作業のことを言います。

この作業を必要とする言語は実行速度が速い特徴があります。

 

Javaのメリット

  • 高い汎用性

JavaはJava専用の仮想マシンで動かします。

そのためその仮想マシンが入る環境ならばどのパソコンでも動かすことができ汎用性のとても高い言語だといえるでしょう。

  • 人気がある

Javaはプログラミング言語の中でも古くから人気があり、日本での求人もPythonやRubyなどの新しい言語と比べるととても多いです。

大手への就職、転職を考えるならマスターしておく価値のある言語です。

多くの人が利用しているということは言い換えるとコンテンツのサポートやバグに対する対処法など多くが取り揃えられているといえます。

この言語を使っていくうえで心強いですね!

 

Javaのデメリット

  • 時間がかかる

文法だけでなくオブジェクト指向という考え方を学ばなくてはならないため習得にかなりの時間がかかります。

オブジェクト指向は実際に作りつつ学ばなければ分かりにくいので初心者には少し荷が重い面があり少し手がかかります。

 

平均収入

Javaの平均年収は552万と2017年の言語平均年収ランキングでは6位と好成績でした。

求人も多く、マスターしていれば仕事に困ることはまずないでしょう。

 

C言語/C++

 

C言語はJavaと同様にコンパイルを必要とします。

C++はC言語の上位互換でありC言語の習得後取り掛かることをお勧めします。

Cの得意分野は組み込み系のプログラム(電化製品の内部など)などで、C++はゲーム作りなどに多く使われています。

ゲーム会社などはこのC、C++を必修言語にしている場合も少なくありません。

 

C、C++のメリット

  • 実行速度がめちゃくちゃ速い!

C言語の最大の特徴は実行速度の速さにあります。様々なプログラミング言語が開発されていますがその中でも最速となっています。

ゲームなどカクつきの無くしたいようなものにはぴったりですね!

  • C言語を通して周辺機器のことまで学べる

C言語はハードウェアと密接に関係しています。

そのためC言語を習得するにはハードウェアのことを学ぶ必要があるのでプログラムがどのように動き、どんな働きをしているのか理解できるようになるので大方のことはでできるようになります。

 

C、C++のデメリット

  • 学習難易度が高い

C言語は低級言語と呼ばれ、機械語に近い形でコードが書かれます。

そのため理解するのが大変です。

さらに文法だけでなくハードやOSの分野まで勉強しなくては理解が難しいため勉強量はとても多くなるでしょう。

有名であるがゆえに簡単そうにみえて難易度トップクラスな言語なのです。

 

平均年収

C言語の平均年収は538万円と言語の中では8位という結果でした。

特別高いというわけではありませんが求人もたくさん出ており、プログラムの基礎知識が多く詰まっている言語でもあるので人気は衰えていません。

 

C#

 

C#はゲームを作る際に多く使われる言語です。

オブジェクト指向があり少しJavaに似ているところがあります。

ゲームを作りたい!ゲーム会社に就職、転職したいという方にはおすすめです。

 

C#のメリット

  • ゲームを作りながら学ぶことができるため分かりやすい

オブジェクト指向などは理解するまでに時間がかかる部分ですが、ゲームを動かしながら学ぶなど目に見える変化を起こしながら学ぶことができるので比較的理解しやすいのではないかと思います。

  • Unityを使う際便利になる

Unityはプログラミングをせずにゲームを作れるツールで多くのゲーム会社が取り入れています。

プログラミングをせずに作れるのですが細部までこだわり、いい作品を作るにはC#などのプログラムが必要になることが少なくありません。

なのでゲーム会社の求人を見ると「Unity、C#ができる方」と書かれている場合も多いです。

 

C#のデメリット

  • ゲーム以外での活躍の場が少ない

C#はゲーム以外での活躍の場が多くありません。

汎用性は低いといえるでしょう。

そのためゲーム会社への就職、転職を考えている人が最初に学ぶにはお勧めしません。

 

平均年収

C#の平均年収はおおよそですが450~460万程度ではないかと予想されます。

この平均年収はC#だけでの平均年収のデータが発表されておらず求人情報から割り出したものになります。

 

Python

 

今とても人気のあるAIを作るのを得意とした言語です。

歴史は浅いですが、その分習得している人が少ないので高収入のチャンスが大きいのは今から学ぶ人にはうれしい情報ですね。

言語の中では書き方や動かし方は分かりやすく初心者が始めるにはおすすめの言語です

 

Pythonのメリット

  • 最新技術が学べる

Pythonは最新のAIに強い言語になっています。

そのほかにも機械学習やディープラーニングなどPythonを扱わない方も使えるデータ処理などの機能もあり注目されています。

  • 高い収入が見込める

Pythonは平均年収が非常に高くなっています。

理由としてはAIの爆発的な人気に対してPythonを扱える人材が圧倒的に足りていないこと、企業がなんとしてでも優秀な人材を獲得しようと動いていることが考えられます。

  • とても学びやすい

Pythonは学習難易度が低くプログラムの導入にはとてもおすすめです。

情報系の大学ではこのPythonを最初に取り入れる大学も増えつつあります。

c言語のような厳密なメモリ管理やポインタなど理解しにくい部分が少なく、プログラミングで挫折しないためにもPythonからの学習をお勧めしています。

 

Pythonのデメリット

  • まだ求人が少ない

海外ではすでに人気なある言語ですが日本ではまだまだ求人が少ないのが現状です。

大企業などの求人はありますが収入がいい分倍率が高く、採用されるのはなかなか厳しいようです。

 

平均年収

Pythonの平均年収は601万円と非常にたかいものとなっています。

やはりAI分野の発展に伴い需要があがっている影響が大きいのでしょう。

 

Ruby

Rubyは日本人開発のプログラミング言語です。

とても読みやすく書きやすい作りになっています。

こちらもPython同様初心者におすすめです。

 

Rubyのメリット

  • 多くのWebサービスやスマホゲームの開発に使われている

Rubyはとても多くのサービス、アプリ開発に利用されており需要も高まっています。

そのため求人も増えてきておりこの数年でもっと増えると予想される言語でもあります。

  • 書く分量が少ない

Rubyはとても書く分量が少なく済む言語です。

同じことをほかの言語でやろうとした場合Rubyのほうが格段に速く、短く書くことができます。

 

Rubyのデメリット

  • 処理速度が少し遅い

Rubyはコンパイルを必要としない言語です。

それも関係して処理速度はほかの言語に比べすこし遅いようです。

速い処理が必要なものには向いていないのです。

 

平均年収

Rubyの平均年収は562万円と言語の中では4位という結果でした。

これから需要も増えていきあがっていくことが予想されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

自分がこれから学ぶ言語や今学んでいる言語がどのような特徴があり、平均の年収がどのくらいなのか分かっていいただけたでしょうか?

いろいろな言語を見てきましたが、初心者にはPythonかRubyがおすすめです。

プログラミングの楽しさ、コードを書いて動かす楽しさを直感的に楽しんでいただけるのではないかと感じます。

この記事があなたの役に立てていれば幸いです。

気に入っていただけましたらTwitterのフォロー、はてなブックマークお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
kaito
コンピューター系のブログを運営しています。企業のことからITのことまでサイトに載せたいことなどがあれば気軽に連絡ください。 Twitterもフォローお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラグーブログ , 2018 All Rights Reserved.