現役エンジニア大学生の仕事部屋

忙しい人にこそ大切な「必要な無駄な時間」とは?

2018/10/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kaito
コンピューター系のブログを運営しています。企業のことからITのことまでサイトに載せたいことなどがあれば気軽に連絡ください。 Twitterもフォローお願いします。

こんにちは。

皆さんは毎日どのように過ごしていますか?

自分にとって有益な時間の使い方をしているでしょうか?

多くの人が時間をなんとなく使ってしまって一日を終えてしまっている、または張り詰めすぎて毎日がつまらなくなってしまっているのではないでしょうか?

実際僕も毎日なんとなく過ごしていて一日終えてしまう日や、忙しすぎて何も考えずに消耗してしまう日が多くありました。

そこで今回は日常を忙しくても楽しく過ごすために重要な「必要な無駄な時間について」話していきたいと思います。

 

以前の自分

現在大学生をしている僕ですが、必要な無駄な時間を意識する前はかなりつまらない日常を過ごしていました。

バイトを掛け持ちしていて学校→バイト→寝る→学校のような忙しい生活にプラスしてプログラミングの勉強も行っていたためかなり忙しく余裕がない生活していたんですよね。

暇があれば勉強や調べごと、大学生のうちにできることはやろうと半分夢みてがむしゃらでした。

でもそんな生活してたら心が折れるわけです。

すべてのやる気が吹き飛びました・・・

もうほんとに今までのやる気はどこにって感じに

そんな時見つけたのがこの必要な無駄な時間です。

やる気はなくなっても焦りはある。

立ち直ってからうまくやっていくのに必要な時間の使い方を考えた時見つけたのがこの時間の使い方なのです。

では必要な無駄について見ていきましょう。

 

必要な無駄な時間とは

 

必要な無駄な時間って一見矛盾しているように聞こえますよね。

これは言葉の通り時間の使い方だけ見ると無駄な過ごし方に見えるが、長い期間で考えると必要になってくる時間の使い方のことを言います。

仕事やバイトなど長期の労働には休憩というものが必ずありますが、それは休憩を入れたほうが作業効率が上がり、結果的に休憩を入れたほうがぶっ続けで作業するよりも多くの作業ができるため存在しているようなのです。

なので仕事の間だけでなく1日単位、1ヶ月単位で見たときに休憩に当たる時間が少ない、無いと僕のように徐々に消耗していってしまうことになるのです。

趣味の時間やだらける時間など自分にとって一番いい無駄な時間の過ごし方で長い期間での休憩を行うことが大切です。

 

必要なときにこそできなくなるのが大きな問題

 

 

とは言ってもこの「必要な無駄な時間」普段は当たり前に取れている人がほとんどなのです。

好きな音楽を聞いてゆったりと過ごすことやゲームをすること、友達に会いに行くなどして心身ともに休息を取れています。

ですが仕事が忙しくなったり、精神的に追い詰められたりすることがあるとたちまちこの時間の使い方ができなくなってしまうのです。

忙しすぎて仕事のこと以外考える暇がない、追い詰められていてそのことが頭から離れないなど、どんどん負の連鎖に陥ってしまうのです。

本当に必要な無駄な時間を取ることが大事なのは追い詰められている時なのです。

追い詰められているときこそ一旦そのことを忘れて自分の時間の使い方をする、その後で落ち着いて考えていけばいいのです。

それができるようになればいくら追い詰められようが、仕事に追われようがまた再スタートすることができるのです。

 

時間を決めることが重要

 

 

「必要な無駄な時間」を取ることはとても重要なことです。

でも取り過ぎたらそれは必要な無駄ではなくただの無駄になってしまうのです。

例を出して説明しましょう。1週間の内平日の5日を仕事として使い、土日を自分の時間として利用する。

その中でゲームをする時間やダラダラとした時間を過ごす。

一般的なサラリーマンはこのような感じなのではないでしょうか。

では必要な無駄としてこれが休日の土日だけでなく平日まで持ち込んでしまったらどうだろうか?

メリハリなく平日の仕事までダラダラとしてしまっていてはそれは必要な無駄ではなくただの無駄、サボりになってしまうのです。

そうならないために時間を決めて自分の時間を使う、終わったら切り替えてやるべきことに向かうことが日常を楽しく、充実させるために必要な知恵になるのです。

 

まとめ

今日話してきた必要な無駄はなにも特別なことではありません。

普段何気なく生活している上ではほとんどの人が自然にできていることなのです。

ですが生活環境の変化や、周りの人間関係の変化(新卒の社会人など特に)が大きいと追い詰められできなくなってしまうのです。

そんなときのこそこの記事のことを思い出して、自分のとって一番の必要な無駄を見つけてみてください。

新しい環境でできる限り頑張るのも大事ですが長い目で見た時、休息を取っていない人は必ずガス欠で動けなくなってしまいます。

そうならないためにも今日言った時間の使い方を意識して過ごしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kaito
コンピューター系のブログを運営しています。企業のことからITのことまでサイトに載せたいことなどがあれば気軽に連絡ください。 Twitterもフォローお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラグーブログ , 2018 All Rights Reserved.