現役エンジニア大学生の仕事部屋

就活ルールがなくなると困るのは誰?今後に関わる就活事情

2018/10/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kaito
コンピューター系のブログを運営しています。企業のことからITのことまでサイトに載せたいことなどがあれば気軽に連絡ください。 Twitterもフォローお願いします。

こんにちは。

皆さんは就活ルールというものをご存知でしょうか?

簡単に言うと企業が新卒の採用をする際に説明会は3月、面接を6月、内定を10月など大まかに決めてこれをみんなで守りましょうねってやつです。

これは破ったとしても罰則などはなく言わばなるべく守ってねという感じのものです。

まぁ大学や学生もこれに合わせて準備をするので守る方にもメリットはあり、多くの企業は概ね就活ルール通りにしているようです。

そんな就活ルールですが、なくなるという動きが見えているのはご存知でしょうか?

新卒の採用競争が激しくなるのに伴い就活ルールは合わないという判断なのでしょう。

そこで今回は就活ルールがなくなったときどのような影響が出てくるのか話していきたいとおもいます。

 

就活ルールがなくなって困るのはだれ?

 

 

就活ルールがなくなって迷惑する一番に考えつくのはもちろん張本人である新卒の学生です

みんなで同じ時期によーいどんのほうが日本人のみんなと同じ方がいい、みんなと違うことをして目立つのは嫌だという気質にはあっているからです。

そもそも就活の場は自分には他の人よりこんないい点があるという差別化を図らなければいけない場所なのでみんなと一緒ではダメなのだけれど、、、

なので就活対策を始める具体的な時期が曖昧になってしまうのがかなり痛手になってしまいます。

 

 

つぎに思いつくのが大学などの学校関係者です。

大学には就活用のセミナー的なものが存在しており就活を控えた学生に向けて講義やアドバイスなどを行ってくれます。

これは卒業生の就職実績は大学としてもかなり重要で大学の受験者数や偏差値の推移に大きく関わってくるからなんです。

そのため大学は卒業を控えた学生にベストなアドバイスを行う必要があります。

いままでは就活ルールがあり例年の傾向からおおよその目処が立ちどの時期に何をするべきかある程度決まっていました。

ですが就活ルールがなくなると話は変わってきます。

今までの傾向が使えないのです。

受験した事がある人ならわかると思いますが、過去問がない学校に一発勝負で受験するようなものなのです。

こんなに怖いことがあるでしょうか。ある意味今後に及ぼす影響も含めて一番困るのは大学なのではないかと思います。

 

大学でがんばれた人にとっては朗報である

 

 

悪い点ばかりかと言われればそうでもないのです。

大学で自分の進路に活かせることをしっかりと身につけられた人にはかなりの朗報となります。

専門的な職業については特にそうだと言えます。

資格や技術は面接などの少ない時間では判断しきれない部分が多いのではないかと考えています。

インターンなどで能力を認められ、そのまま内定までという話は今でも聞きますがまだまだ少ないのが現実です。

なので能力のある人間はそれを早い段階から企業や社会に向けて発信することで就活ルールに縛られないベストな企業を見つけることができるのではないかと思います。

 

学歴も今より重視されなくなる可能性が高い

 

就活に利用できる時間が長くなるということは企業が学生を選別する時間も増えると言うことです。

短時間での選別ではわからないところまで見えるようになり、人柄や能力など今までよりも見える部分が増えてきます。

そのため学歴の重要性は無くならないにせよ今よりも低くなるのではないかと思われます。

 

逆に言うと大学で何もしてこなかった人は内定が取れない

 

しっかりと能力をつけた人間には朗報である就活ルールの廃止ですが、大学で遊んでばかりの人間にはかなり不利になるのではないかと思います。

今までは凝縮された短期間に面接を受け、それをうまく切り抜けられればなんとか内定がもらえましたが、就活ルールがなくなり面接の時期のズレなどが起こるとそうはいかなくなります。

必ずボロが出て学んだことの薄さが出てきてしまいます。

自由な時間の多い大学生活を遊びだけに使い、自分の武器のない人間はよりいっそう振るいにかけられ、切り捨てられてしまうのです。

そうならないようになんとなく大学に進んだ人も早く将来のことを決め、自分の能力を伸ばすことに時間を使ってほしい。

文系を悪く言うわけではないですが、文系の人が多い傾向にあるので注意してほしいです。

 

変更に対する対策

 

就活ルールの変更に振り回されないためには対策をする必要があります。まだどのように変更されるかも具体的にはわかりませんが全く対策をしていない学生よりもしている学生が一歩前に立てるのは当然のことです。

具体的にどのような対策かというと「実績づくり」です。自分の入りたい業界に有利になるもの、プログラマーだったら企業の主催するプログラミングの賞レースに参加する(入賞できればかなり有利に)、イラストレーターだったら自分の描いた絵をインターンのときなど事前に持ち込むなどやり方はいろいろとあります。

それを行うことで他の学生よりも1つ上のレベルからの就活が行なえます。就活は事前準備が大切なのです。

 

まとめ

 

就活ルールによって誰にどんな影響が出てくるかわかってもらえましたでしょうか?

大学生の方はこれからの就活に向けてどんな変化があっても関係なく通用する力をつけるのが大切です。

まだ1年生だから関係ないなんて思わず自分の能力に磨きをかけていくことをおすすめします。

 

 

質問や感想などあればコメントでもツイッターでもいいのでお待ちしております。

ラグーブログでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
kaito
コンピューター系のブログを運営しています。企業のことからITのことまでサイトに載せたいことなどがあれば気軽に連絡ください。 Twitterもフォローお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラグーブログ , 2018 All Rights Reserved.